読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 西村英騎の名言 この世における絶対的な力。集合的無意識のありがたさ

スポンサーリンク

 「俺は一つの真理に行き着いた。。。それは・・・可愛ければいいじゃないか!」

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160501094713j:plain

 

これはアニメ「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の主人公・西村英騎の言葉である。

 

 

当然と言えば当然のことなのだが、この世には他に何か不都合な点やデメリットがあるとしても、ただその1点だけが特化していれば、それだけで受け入れられる、認められる絶対的とも言える力というのがいくつかある。

 

 

 

そのうちの一つがこの言葉でも言っている「可愛さ」である。

 

 

 

女優とかアイドルとかもそうだが、特に二次元という「実在しない人物」については「可愛さ」というのは絶対的で絶大な求心力があるのは間違いない。

 

 

 

アニメだろうがエロゲだろうが漫画だろうがラノベだろうが、その中に登場する人物たちはほぼ全員可愛い。もしくはかっこいいのが常である。

 

キャラとして、意図してブサイクにしたりする事はあるだろうが、登場人物全員がブサイクなんて事はまずありえないだろう。少なくとも私は見た事がない。

 

 

 

これは「可愛さ」に限った話ではなく、「面白さ」「美味さ」「便利さ」といった事にも共通するが、人間の趣味趣向は千差万別ともいうが、これらの絶対的な価値基準についてはあまり個人差はなく、大多数が可愛いと思う人は可愛いし、大多数が面白いと思うものは面白いし、美味さ、便利さもまた同様であると思う。

 

 

 

「いや、俺はそう思わないけど。」っていう例外は必ずあるだろうが、8割~9割くらいの人間に共通するような集合的無意識のようなものは確かにあるように思える。

 

 

 

細かい所では確かに人間というのは千差万別かもしれないが、「可愛さ」「面白さ」「美味さ」「便利さ」という絶対的ともいえる価値基準に支配されているという点においては人間にほとんど大差はない、というか同じと言ってもいいかもしれない。

 

 

 

しかし、なぜそれを「可愛い」「面白い」「美味い」「便利だ」と思うのか?、を考えると、突き詰めると「なんとなくそう感じるから。」としか言えないからなんとも面白いというか、不思議である。

 

 

 

「こうこうこういう所が~」と何故そう感じるのか、思うのかを説明する事はある程度出来るとは思うが、さらにそう思うのはなぜか、なぜか、と問うていけば根本にあるのはそれに触れた時の直感のようなものだけが残ると思う。

 

 

 

私がいつからこれらの絶対的な価値基準に支配されたのかは思い出す事は出来ないが、私は死ぬまでこれらの絶対的な価値基準に支配され続けるだろう。

 

 

 

そういう意味では人間は人間というだけで既に自由ではないのかもしれない。

 

 

だが、訳の分からないこの世の中において、こういった絶対的な価値基準がある事は、生き続ける理由や死にたくない理由になる事を考えればそれはとても幸福な事ともいえるような気がする。

 

 

生きてれば、ふとなんで生きてるのか分からなくなる時が私にはたまにあるのだが、「じゃあ死ぬのか?」と考えると、死ねばもう二度と可愛い二次元キャラを見れない事、美味い料理を食えない事、面白いものに触れる事が出来ない事なんかを考えれば、「それは嫌だな。」となり生き続けようという気持ちにさせてくれる。

 

 

 

人間は本当にいろいろなものに縛られていてめんどくさいと思う。しかし、縛られているからこそ楽しかったり喜んだりとか出来るのかもしれない。

 

 

 

ちなみに、ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」は現在放送中のアニメである。私はネトゲをやらないが、こういうキャラ達が残念系の作品は割と好きなので試聴中である。