読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

月姫 アルクェイドの名言 人間が他の生き物とコミュニケーションを取れない事の幸福さ

月姫
スポンサーリンク

「もしもよ?もしも鳥や魚が貴方とおなじくらいに知性と寿命があったなら貴方は食べられる?どんなに知性があっても食べ物は食べ物だって割り切って食べられる?」 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160429083856j:plain

 

これはビジュアルノベル月姫」のメインヒロイン、アルクェイドの言葉である。

 

 

今から話す事は我ながら、何も生産的でないし、それを言ったところで、聞いたところで、別に何かが変わるわけでもない。無意味と言えば無意味な話しかもしれないが、常々思っていたことがあるので書きたいと思う。(単に自分の頭の中のものを吐き出したいだけか。)

 

 

 

私に限らず、人間にとっては人間こそが最も大切で、その他の生き者は2の次、3の次である。

 

 

 

自分が生きていくために美味ければ何だって食うし、人生に娯楽や癒しを与えてくれるような可愛さを持っているならなんでも飼う

 

 

 

当然だが、ほとんどの人間はその行為に対して何の疑問も持たないだろう。私自身、肉や魚を食べる時にいちいちそんな事は考えていない。

 

 

しかし、↑の言葉のように、もし、豚とか魚とかが私たち人間と同じ言葉を話すか、または何を言っているかが理解できるようになり

 

 

「殺さないでくれ!」「俺には愛する家族がいるんだ!」「まだ、生きてやりたいことがたくさんあるんだ!」

f:id:wareomouyueniwareari:20160429084131j:plain

f:id:wareomouyueniwareari:20160429084142j:plain

 

 

 

とか言ったりしていたとしたら、恐らくだが、誰もがそれを食べる事を躊躇するだろう。誰かが食べ始めれば、みんな食べ始めるかもしれないが、それまでとは違い、罪悪感のようなものを感じずにはいられなくなるのではないかと思う。

 

 

 

だから、私たちがそのほかの生き物とコミュニケーションを取る事が出来ないという事はこの上ない幸福だろう。

 

 

何を考えているのかも言っているのかも分からないからこそ、私たちはそれを罪悪感もなく当然のように食べる事が出来る。

 

 

 

また、ペットや観賞用の魚にしても扱われ方が違うだけで本質的にはあまり違わない気はする。

 

 

 

よくあるが、犬とか猫とかと人間の交流を描いたハートフルストーリーというものがあるが、あれを見ていると確かに犬や猫も人間と同じように幸せだったように見える。

 

 

 

しかし、所詮は見えるだけである。それが映画であってもドラマであってもなんでもいいが、それを作っているのは全て人間であり、人間の鑑賞用に作られた物で、つまり人間にとって都合の良い物である事は間違いない。犬や猫とコミュニケーションが取れて、制作スタッフに犬とか猫とかも参加することが出来れば違う物になるかもしれないが、そんな事は不可能である。

 

 

 

「ワン」とか「ニャー」とか言うのを喜んでるとか怒ってるとか好き勝手に解釈して、その判断を元に行動していく。最初から最後までそのようにしていって、最終的に「この子もきっと幸せだったよ。。。」と思えればそれで人間的には万々歳である。

 

 

 

しかし、それが悪い事であるわけもなく、むしろ人間に出来る犬や猫などペットに対してできる最善の行動である。それが出来る人間は本当に素晴らしいと思う。

 

 

 

これもただの勝手な推測だが、犬とか猫とかはペットとしては最高級の扱いを受けている気がするし、本当に幸せだったりする事もありそうだとは思う。鑑賞用の魚とかは「今日からここがお前の家だ!」とか言ってあの閉鎖空間に死ぬまで閉じ込められる事を考えてしまうと、あまりそうとも思えないのだが。

 

 

 

私はそれなりに動物は好きだと思う。みんなが見て「可愛い。」と思う生き物は私だって「可愛い。」と思う事は多い。

 

 

しかし、こんなことを考えてしまう性質なので、ペットは一生飼わないだろう。飼い出すタイミングにもよるかもしれないが、大体ペットは自分よりも先に死んでいく。

 

 

その時、私はその自分に飼われたペットが「本当に幸せだったのかどうか?」と考えてしまうだろう。同じ人間なら、生きているうちに「幸せですか?」と聞けば「幸せだ。」とか何か言ってくれるだろうが、(それが本音かどうかは置いておいて。)猫とか犬なら「ワン」とか「ニャー」しか言ってくれないし、魚なら何も発してくれない。

 

 

 

「ああ、彼(ここでは人間、動物含む)は幸せだったんだな。」

 

 

と私が思い込むに為にはやはり言葉は必要なのだろうと思う。

 

 

 

こんな考えても仕方が無い事を考えてしまうのは考えてしまい、ある意味自分の行動を制限してしまうのは損をしている気がしないでもないが、こんな風に思うようになってからは食事に対しより敬意を払うようになり、残したりする事は滅多になくなったのは非常に良い事だと思っている。

 

 

 

結局、何が言いたいのか自分でもよくわからないが、月並みだが、今日の記事から私が得るべき教訓は、他の生き者に対しての敬意を忘れてはならないという所だろうか。