アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

車輪の国、向日葵の少女 樋口璃々子の名言 資格とか学歴とかには何の価値があるのか?

スポンサーリンク

 

「資格なんて、所詮は社会が決めた基準の一つでしかないわ。弱いやつほどそういったものにすがるのよ、資格とか、学歴とかね。」 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160428083351j:plain

 

これは「車輪の国、向日葵の少女」というビジュアルノベルの樋口璃々子の言葉である。

 

 

そのまんま文字にこの言葉を受け取れば、

 

 

「そうだよ!やっぱ大切なのは、資格とか学歴とかじゃなくて、愛とか情熱とか精神的なものなんだよ!」

 

 

と、資格、学歴=大した価値はない。と解釈してしまう人は割といるかもしれない。何を隠そう、私も5年ぐらいの間ずっとそう思っていた。

 

 

「俺には資格も学歴も無いけど、やる気だけはあるから大丈夫!」

 

 

だと。そう固くなに思い込んでいた。

 

 

しかし、そこそこいい年にになって就活なんぞを始めてみると、それまで価値なんかないと思っていた資格とか学歴とかの価値が身に染みて分かってきてしまったのである。

 

 

気になっている会社の求人欄をいくつか、見ても、応募条件に、要〇〇免許とか書いてあったり、資格があるかどうか、大卒であるかどうかの違いだけで待遇が違っていたり、そもそも大卒じゃないと応募出来ないとか。

 

 

残念ながらそれが現実であった。

 

 

私は、やる気と資格や学歴、どちらがより重要かと問われれば、今でもなお、やる気と答える。

 

 

だが、こと履歴書上においては

 

 

やる気<<資格や学歴

 

 

という事を私は割と今更だが、ここ数か月の就活で学んだ。履歴書に「やる気はあります!」と書いたところで、正直どこまで効果があるのか。。。

 

 

 

高校生の時のとかに、「とりあえず大学は行っておいた方がいい。」「何かの役に立つから免許や資格は取っておいた方がいい。」そう周囲の人間が言っていた理由が4,5年越しに理解出来た。

 

 

当時の私と言えば、「いや、俺いざとなればやる気だすから。」という感じで、その時には何もやる気が無い癖に、いつか湧いてくるかもしれない、根拠のない、未来のやる気に縋っていたように思う。

 

 

 

資格とか学歴とかの価値が今いち分からないという人は、とりあえず、

 

 

資格、学歴=金

 

 

と考えていいのではないかと思う。というか、今の私はそう理解している。こう考えた方が一番シンプルでしっくりくる。

 

 

何せ、金が無ければ私たちは生きていく事が出来ないのだから、金のために頑張るという事についてははさむ疑問も無いはずである。

 

 

 

そういう訳で、今更だが、私は自分のやる気を資格取得にも向けていこうと思っている。

 

 

本当にやる気があれば、今から大学に入学して、大卒という学歴を獲得する事も可能なのだろうが、流石にそこまでする気にはならないし、学歴を得るためだけに大学にいくにしても既に好機を逃している気がするので、学歴については無いままでいこうと思うが。

 

 

 

なんとなくで生きてきた数年間だが、それでも、その経験で調理師試験の受験の条件は満たせるのだからラッキーという感じだ。

 

 

「所詮は社会が決めた基準の一つ」

 

 

は確かにそうであるが、しかし、残念ながら私は「社会」というものから逃れる事が出来ないし、そんな基準の一つに左右されてしまう脆弱なただの人間の一人である。

 

 

 

璃々子姉さんのこの言葉は

 

 

「俺こんだけ資格持ってるしー、学歴もあるしー、もうやる気なんてなくても大丈夫。」

 

 

って感じで私とは正反対のタイプの人間(というか本質的には同じか)には効果的かもしれない。

 

 

このパターンでは、履歴書は素晴らしい履歴書になり、採用はされるかもしれないが、やる気が全然なかったら続ける事が困難だろうし、それで辞めて次の所へっ、ていうのを繰り返せば学歴、資格は素晴らしくても職歴では非常に残念な方向に徐々に向かっていくだろう。

 

 

 

まあ、私の場合、「金のため」と考えるのが良いと思うが、なんとなくではなく、目的意識があって資格が学歴を取得していくのが最高だろう。

 

 

だが、学生時代ともなると、自分で稼いでいる訳でもないので、金の重要性については強く実感できないかもしれないし、明確な目的意識を持てというのも難しいかもしれない、親や友人が言ってたからとか、なんとくなく後々役立ちそうだったからとか、そういう理由でも動ける人は動いておいて損はないだろう。私はなんとなくで動くことが出来なかった人間だが。

 

 

ちなみに「車輪の国、向日葵の少女」というビジュアルノベルはエロゲ界では泣きゲートして有名であるが、実際に素晴らしい感動やメッセージのある名作である。全年齢版もあるので多くの人にプレイしてほしい。

 

 

 

車輪の国、向日葵の少女(限定版)

車輪の国、向日葵の少女(限定版)

 

 

 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

 

・資格や学歴は社会に対し、自分自身の社会的な価値のようなものを証明するものであり、それはそのまま金に繋がるという事だ

 

 

決断した直後とか、しばらくした後とかにこういった気の迷いが生じるのは私の悪い癖だが、その度に私はこのことを思い出そうと思う。