読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

アオハライド 菊池冬馬の名言 どこを向けば前向きなのか?

スポンサーリンク

 

「前向きって分かんない。何をすれば前向きなの?」

f:id:wareomouyueniwareari:20160427170443j:plain

 

「吉岡さんが向いてる方が前向き。それでいいじゃん。」 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160427170454j:plain

 

これは少女漫画「アオハライド」の主人公、吉岡双葉の疑問とそれに対する菊池冬馬の返答である。

 

 

「ほんとその通りだよね。」って話をしようと思う。

 

 

 

誰でも良く言うと思うが「前向きにいこう!」という言葉がある。意味的にはポジティブシンキング、プラス思考とほぼ同じニュアンスで使われると思う。

 

 

 

しかし、前とか後とか、言葉に注目してみると、↑のこのやり取りはとても面白いというか興味深い気がする。

 

 

 

時には、自分からすれば前向きのつもりでも、周りから見れば後ろ向きでに見えるかもしれないし、自分では真っ直ぐ歩いているつもりでも、周りから見れば、斜めだったり、フラフラとしているように見えるかもしれない

 

 

 

たぶんだが、所謂前向きとかプラス思考というのは、自分と周囲でズレるよりは一致する事は多いような気はする。(美味い食べ物は大多数が美味いと言うだろうし、美人の女優を見れば大多数が美人だと思うのと同じような感じで。)

 

 

 

しかし、そうなる事が多いとはいえ、いつでもどこでも例外はあるものだと思う。例えば、ごく最近の私の行動などもその一つかもしれないので軽く紹介したいと思う。

 

 

私は現在、無職である。だから仕事を探さなければならない。そこで、自分の経験を活かせる職を探した。

 

 

とにかく、何でもいいから速く自分の経験に合った職を手に入れる事しか考えていなかった私は、面接でその先の事を聞かれだが、正直何も考えていなかったので、正直にそう答えた。

 

 

それでも、2次面接もしてくれるというのだから本当にありがたいと思う。しかし、私はこれを辞退した。

 

 

学歴も資格も特にない無職からの就職と考えれば、条件的には申し分ないというか、むしろ大分良かったと思う。

 

 

それを後もう一つ面接に通れば職を手に入れられるという所まできて、私はそれを自ら蹴ったのである。

 

 

 

周りからすれば、後ろ向きというよりかただのバカにしか見えないかもしれないが、私は「先の事を考えているのか?」と問われ、改めてそれを考えてみた結果、先に書いた非常に好条件と思われる職場に就職する事よりもより良いと思える道を見出したのである。

 

 

 

もしかしたら、後になってから、「ああ、惜しい事をした。。。」と思うかもしれない。しかし、私はとても前向きなつもりである。

 

 

 

自分の向いている方向について、他人から「それは斜めだよ。」「それはUターンしてるよ。」と言われたとしても、最終的に自分が向いている、向きたい方向。それが前向きであり、最善の道。こう思っていた方が幸せだと思う。全く、菊池君の言う通りだと思う。

 

 

しかし、他人の意見とか助言等は聞く耳を持たないのではなくむしろよく聞くべきだとは思う。私も今回は友人に相談して、最終的に決断したが、煮詰まった時には他人の純粋な意見というのはとても参考になる事があると思う。

 

 

 

今に始まった事じゃないが、自分が今向いてる方向とかやっている事とかに疑問とか迷いが生まれた時は、考えて、新たな道がより良い道が見つかるならそれはそれでいいかもしれないが、単なる気の迷いであるならば、「自分にとってはこれが正しくて前向きだ。」と思うしかないと思うし、そう思ってる方が幸せだろう。

 

 

 

ちなみに、「アオハライド」という少女漫画は胸キュンシーンたっぷりで秀逸な少女漫画であるうえに、何気に会話が深くて考えさせられたりもする作品で、男女問わずおすすめできる漫画である。アニメ化、映画化もしてるが、私は漫画しか読んでない。

 

 

 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

 

・前向きとか正しさとか絶対的な解答が無いものについてはとりあえず自分にとって都合が良い事を解答としておくのが幸せであり、最善だという事だ

 

 

決断した直後とか、しばらくした後とかにこういった気の迷いが生じるのは私の悪い癖だが、その度に私はこのことを思い出そうと思う。