読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

きっと、澄みわたる朝色よりも、 与神ひよの名言 思い込みで人は幸せになれる

スポンサーリンク

たまに思うのだが、どんな人間であれ、何かしらを思い込み、それを何年も積み重ねてきて、それぞれの強固な、思い込みとか固定観念というものを構築しているのではないだろうか。

 

 

思い込みで人は幸せになれますわよ? 

f:id:wareomouyueniwareari:20160330170130p:plain

 

 

これはビジュアルノベルきっと、澄みわたる朝色よりも、」の与神ひよというキャラの台詞である。

 

 

 

私はこの言葉は確かに1つの真理であると思っている。しかし、幸せにもなる事も出来るが、同時に思い込みによっては不幸になる事も十分ありえる。

 

 

というか、勘だがどちらかと言えば、思い込みによって不幸になっている人の方が多いのではないかと思う。

 

 

これは実体験から思うのだが、思い込みには非常に強力な力があり、それは実際に自分の身体に影響を与える事は確かにありえる。

 

 

私は中学生ぐらいから、「自分はハゲる」という非常に強い強迫観念のようなものを抱え続けてきた。

 

 

風呂でシャワーを浴びて、シャンプーをし、自分の髪の毛が抜けるのを見るたびに

 

 

「おいおい今何本抜けたこれ?抜けすぎじゃないかのか?いやいや気のせい気のせい。大丈夫だって。あれ、でも俺のデコこんな広かったっけ?なんかベジータみたいになってきてないか・・・?いやいや気のせいだって。元からこういう形だったんだって。ん、なんかつむじの所地肌見えすぎじゃないか・・・?いやいや、俺つむじ二つだし、そういう形なだけだって。大丈夫大丈夫!あれ?でも・・・」

 

 

 

というような感じで全く持って非生産的かつ考えても何の意味もないような事をぐるぐる延々と考え続けてきた。

 

 

そして、結果は20代前半にして「大丈夫大丈夫!気のせい気のせい!」と苦しい言い訳が出来なくなり、「ならいっそ・・・」とスキンヘッドになったという結末である。

 

 

 

数十年、ひたすら「自分はハゲる」というマイナスの思い込みを繰り返してきた結果、それはばだ、「ハゲ」を受け入れるにはいささか辛い年齢にして悲しくも実現してしまった。

 

 

何故、そんな事を思い込んでわざわざ私は自分から自分を不幸にしてしまったのかを振り返ってみると、原因とか理由とか考えても全く思いつかないというのが正直な所である。

 

 

いつからか、気がついたら私はそんな事を繰り返し考えずにはいられなくなってしまっていた。

 

 

「ハゲるかどうかなんて事を考えていても仕方が無い。もう止めよう。」

 

 

とも何度も考えたが、そう考えている時点でまた「ハゲる」事について考えているのである。

 

 

そんな感じで、私は風呂で頭を洗うたびにそんな「ハゲ」という思考に取り付かれ、スキンヘッドになるまではその思考から逃れる事が出来なかった。

 

 

「ハゲる」という呪いを自分で自分に毎日毎日かけ続け、見事それを達成してしまったのである。

 

 

家族の中で兄はむろん、父親でさえまだハゲてきたかどうか分からないというぐらいなのに、私だけがイってしまったのはやはりそういう事なのだと思う。

 

 

 

しかし、これは思い込みがマイナス要素に働いた一例だが、もちろんプラスに働いた事も多々あると自覚している。

 

 

 

私は普段から何に対してもそうだが、

 

 

「大丈夫、やればなんとかなる!俺はやれば出来る子だ!」

 

 

と自分でもなんで断言してしまう程にそう思えるのかは今でも分からないが、この思い込みには全くブレがない。

 

 

そう思い込んでいると、どういうわけか、「出来る子になるまで勉強する」という行動も自然と取れるのである。

 

 

 

実際に、大学受験や就職試験、資格試験などのペーパーテストでは結果として失敗した事はない。これはちょっとした自慢である。

 

 

 

 

自覚はないが、高校受験の時に、内申点が学年中最低の中、当時好きだった子を追っかけるためだけに毎日10時間以上の勉強をし、無事望みの進学校に入学が出来たという経験が

 

 

「自分はやれば出来る」

 

 

という強固な思い込みの原材料みたいなものなのかもしれない。ともかく、この思い込みが大きなエネルギーとなり私の行動に及ぼしている影響は非常に大きいと思われる。

 

 

 

思い込みに理由はいらないよ。根拠がなくともそう思い込んでしまったのなら、それはその人間にとって絶対だ。 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160330170322j:plain

 

 これは↑の紹介した名言と同作の樫春告というキャラの言葉である。

 

 

私もそう思う。後者の「自分はやればできる」の思い込みについては、「根本はあれかなぁ。」というある程度の予想はあるが、前者のハゲの思い込みについてはその根拠が全くもって思いつかない。

 

 

 

しかし、思い込んでしまっている以上、どちらも私にとっては絶対的と思える程に影響を与えていたように思う。

 

 

 

その思い込みがプラスに働いているようなら、そのままでいいかもしれないが、マイナスに働いていると思える思い込みを抱えているなら、何かしら対策を打った方がいいのかもしれない。

 

 

といっても、その具体的な方法は良く分からないし、実際にそうした経験も私にはない。人に聞いた話では、

 

「別の情報を繰り返し自分に言い聞かせ思い込みを塗り替えればいい」

 

との事だが、少なくとも私はハゲの思い込みを改善する事は出来なかった。上手く悪い思い込みを改善できる人がいたら是非参考までに話を聞いてみたいものである。

 

 

 

 

自分がどんな思い込みを抱えているかを把握するのも簡単ではないかもしれないが、それを把握して自分の思い込みとどう付き合っていくべきかを考える事は結構大切な事なのではないかと最近よく思うのである。

 

 

 

ちなみに、二つ名言を紹介した「きっと、澄みわたる朝色よりも、」という作品はとても綺麗な作品でもあり、人間関係について深い所まで考えさせてくれる素晴らしい作品なので、気になった人はやってみてはどうだろうか?(エロはあってないようなものである。)

 

きっと、澄みわたる朝色よりも、 

 

きっと、澄みわたる朝色よりも、 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

 

・思い込みという自分に影響を与える超強力なもの?と上手く付き合う事さえできればそれほどの強みは無いという事だ。

 

 

だからこそ、自分の抱える「思い込み」を見極め、それを自分をより良い方に導くように持っていきたいと強く思う。