読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

CHAOS;CHILD 宮代拓留の名言 本当はリア充になりたい

CHAOS;CHILD D.C.
スポンサーリンク

リア充。つまり、リアル(現実)が充実している人間のことを指す言葉である。この言葉とそのものと、この言葉の実際に世間での使われ方に疑問を抱いた事はないだろうか?

 

 

昨今のリア充は、本当の意味で現実は充実しているかどうか。つまり、やりたいことが出来ているかどうかで判断されるんだ。そういう意味で、僕はリア充だ。だから、暇に任せてふざけているあいつらはリア充なんかじゃないんだよ。 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160327212413j:plain

 

↑これは「CHAOS;CHILD」というゲームの主人公・宮代拓留の言葉であるが、私も高3の受験シーズン、エロゲにドハマりしている時に、まったく同じような疑問を抱いた事がある。

 

 

 

「なんで彼女がいるヤツとかモテるヤツが『リア充』なんだ?現実生活が充実がしているかどうかなんてのは本人にしか分からない事だし、何がその人にとっての『充実』かなんてのは人それぞれだろう?そう考えれば、最高に面白いエロゲをやりまくっているという俺のリアルは充実していると言える。だったら俺もリア充じゃないか。」

 

 

そう本気で思っていたし、思い返してみても、それはそれで、当時の私にとっては正しかった気もする。

 

 

 

しかし、アニメとかゲームとかどんなに楽しい娯楽に浸っていても、

 

・可愛い子とイチャイチャしたい

・可愛い子に告られたい

・可愛い子と素晴らしい恋愛がしたい

 

といった異性に対する欲求は学生時代を終えて、数年経った今も消えてはいない。それはそれ、これはこれという感じなのである。

 

 

 

宮代拓留や私のように、リア充という言葉自体にならあれこれこじつけて「彼女なんていなくても俺だってリア充だしっ!」とかいう事は出来る。

 

 

ただ、重要なのは、「リア充という言葉の使い方がおかしい」とかそんな事ではなく、ほぼ全ての男は「可愛い事と〇〇したい」という欲望、というかもう欲求と言ってもいい気がするが、そんなものを程度の違いはあれ、持っているという事だろう。

 

 

 

実際に付き合ってみれば、何かとめんどくさいとかいう話はあるが、可愛い子と付き合った事もない人間から見れば、「可愛い子と付き合っている」という事実があるだけで嫉妬の対象であり、俗に言う「リア充爆発しろ!」という風になるのである。

 

 

 

リア充」=異性との付き合いがある

 

 

というようなイメージが出来上がったのは、人がそれほどに心底、異性との恋愛を求めているという証拠な気がする。

 

 

学園・純愛・ハーレムものといったエロゲやアニメが10年以上前から作られ続け、それのジャンルが今も変わらず需要があるという事はそういう事なのだろうと思う。

 

 

私自身、そういうアニメやエロゲは大好きだし、そういうものを通して

 

「あー、俺もそんな生活が送りたい(かった)んだよ。」

 

と、これでもかという程の「リア充」である主人公の日常生活を通して、「リア充」への憧れを新たにしているという自覚がある。

 

 

ちなみに、良質なリア充の疑似体験がしたいなら、エロゲなら「D.C.Ⅱ」という作品がおすすめである。

 

 

美少女たちが私(主人公)を巡って泣いたり笑ったり怒ったり争ったりする様は実に圧巻である。シナリオ自体も中々良いし、疑似体験とはいえ、非常にクルものがある。

 

私的には王道学園ものの最高峰のエロゲと言える。ここまでプレイしていて幸福感を感じられる作品は中々ない気がする。

 

D.C.II 〜ダ・カーポII〜

 

D.C.II 〜ダ・カーポII〜

 

 

 

 

まあ、つまり私は非常に「リア充」になりたいわけだが、悲しい事だが、顔が良い訳でもスポーツとか特技があるわけでもない男には、ほっといても可愛い子が寄ってくるなんて事はまずありえない。

 

 

学生でも無いのなら、何にしてもまず、金が無い男になどよって来る訳がない。悲しい事に金がほとんどな世の中である。

 

 

という事でまずは、職を手に入れ、そこで昇格し、収入を増やし「私は優良物件ですよ。」というアピールを出来るようになる事が最も確実な道な気がする。

 

 

 

しかし、私はリアル女子に対する興味は失っていないはずであるが、今までの職場で接する女性がほぼ全ておばさんだったことから、同年代の女子という人種に長らく接していない事や、リアル女子で可愛い子を見ても、二次元の完全無欠の可愛さに常日頃から触れている事から「んー、でもあの子(二次元)の方が可愛いな。」とか思ってしまうのではないか?、などという懸念もあるが、まあ、そんなものは後後考えれば良い事だろう。

 

 

まずは、面接の結果の返信が「誠に残念ながら・・・」で送られてこない事を祈るばかりである。

 

 

 

私はリア充になるためになんとしても新しい職を獲得しなければならない、というかほんとお願いだから下さい。

 

 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

・学生から社会人になるとリア充になるのもより簡単でなくなるという事だ。

 

 

誰か可愛くて性格良い子と結婚を前提にお付き合いというまさかのチャンスが来たら掴めるように、まずは自分を高めるとしよう。