アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

空の境界 蒼崎橙子の名言 自分は空っぽな人間

スポンサーリンク

自分自身を「空っぽな人間だ。」と思った事はあるだろうか?

 

 

私は物心ついた時から少なくとも10年以上は自分自身を「空っぽな人間だ。」と思い続けてきた。

 

 

しかし、そんな「空っぽ」である事も考え方によれば素晴らしい事のように思わせてくれる言葉がある。

 

 

「伽藍堂だということは、いくらでも詰め込めるということだろ?この幸せ者め、、、それ以上の未来が、一体どこにあるというんだ?」 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160320220223j:plain

 

これは私的に型月の男女全キャラ中、最高にかっこいい蒼崎橙子さんの名言である。

 

 

 

私が空の境界の見たときはもう4年ほど前になるが、当時も私は

 

「俺は何がしたいんだ?何になりたいんだ?・・・俺は空っぽ人間だな。」

 

 

といった具合に絶賛悩み中だったわけだが、この言葉が私を救った、というか、悩みを大分軽くしてくれたのは確かな気がする。

 

 

 

小6の頃には既に「自分は空っぽな人間」という悩みに取りつかれていたが、何故そんなに思い悩んでいたのかと言えば、私の周囲の人間は、それぞれ何かしら本気で打ち込めるものを持っていて、(正確に言うと、私にはそう見えたという事だが。)私にはその

 

 

「本気で打ち込める」

 

 

何かを持っていなかったからであると思われる。

 

 

38度の熱を出して学校を休んでも、FFとかファイアーエンブレムとかRPG、または一人でスマブラをやる根性はあったが、残念ながら、これらは私に「自分は何かに打ち込んでいる」「自分は何かを持っている」という風には思わせることはできなかった。

 

 

それから、高3になり、エロゲに出会うまでは、とりあえずやる事がないからと色々な音楽を聴きまくったり、本を読んだりドラマを見たり、バイトをしたりしたが、依然として「自分は空っぽ」という感覚は拭う事は出来なかった。

 

 

 

エロゲに出会い、また、それまで特に見ようとも思わなかったアニメ、二次元の強力な魅力の虜になり、「自分はこれが心から好きだ!」と断言できる何かに出合う事は出来た。

 

 

その時は「自分は空っぽ」という感覚はほとんどなくなったかのように思えたし、実際、大分薄まったはずである。

 

 

しかし、

 

「エロゲやアニメ等、大好きな業界で仕事したい!貢献したい!」

 

 

と就職活動始めてみれば、「どういう職種で?どういう風に貢献したいのか?」という自問に対し、「んー・・・何でもいいから貢献したい。」という自分でも自信が持てない答えしか出てこない事実に、薄まっていてはずの「自分は空っぽ」という感覚が復活してきたのである。

 

 

 

私のこのような悩みは「SHIROBAKO」というアニメの主人公のみゃーもりが抱えていた悩みとほぼ同一であると言っていいと思う。

 

 

 

大筋は決まっているんだけど、具体的にとか、現実の職業とかと照らし合わせてみると決められない、良く分からない、だから

 

 

「やる気はあります!何でもします!

 

 

的な結論にしか達しない。実際に作中でもみゃーもりは面接で「何でもします!」と言って、面接に落ちたのだが。

f:id:wareomouyueniwareari:20160320230002j:plain

 

 

 

この問題について、私は「何かを見つけなければ・・・」と随分悩まされたが、つい最近、一つの結論に達した。

 

 

 

それは

 

 

「自分は何がやりたいか?」を無理して探す必要はなく、探すのは、「自分は何が出来るか?向いているのか?」でもいいのではないか?、という事である。

 

 

 

「俺のやりたい事は何だ?俺のやりたい事は何だ?

 

 

と実際に業界の内の色々な職種をいくら調べて、考えてみても正直な所、「特にない」のである。

 

 

ただただ、「何でもいいから業界で働きたい。業界に貢献したい。」という情熱だけが残るのである。

 

 

 

ならば、もう探しても見つからない「やりたい事」を探して、それが見つからなくて「自分は空っぽだ」と悩むのは止めて、数ある職種の中から、「自分でも出来る仕事。向いてる仕事。」を考えていけばいいという結論に達したのである。

 

 

 

「自分のやりたい事を探す事」

 

 

は充実した人生を送るには必要不可欠な事だと思うが、そのやりたい事に具体性がなく漠然としていて、現実の仕事と照らし合わせてもしっくり来ないなんて事もあるはずである。

 

 

そんな時は悪い意味で「やりたい事」に囚われ過ぎる必要はなく、「出来る事」「向いてる事」を考えれば上手くいくこともあるのではないかと思うのである。(ただ、上でみゃーもりが情熱だけで面接に落ちたように雑用ではなく、クリエイターとなれば、話は別かもしれないが。)

 

 

 

そして、まさに私はそれを身をもって体験するつもりである。それが上手くいき、今までのただただ、生活をするための金を稼ぐためだけに働いていたあの虚しさ、やりがいのなさから抜け出し、好きな業界に貢献できる仕事をする事で私がこれまでにない充実感が得られる事を期待したい・・・というか得られるようにしたい。

 

 

 

空っぽだから詰め込めるとは言っても、詰め込むものが一向に見つからないのはやはり苦しいものである。

 

 

 

しかし、

 

空っぽである事は=ダメな奴

 

という私の固定観念を壊し、私に希望を持たせ、今までめげずに詰め込むものを探し続ける事が出来たのも橙子さんの名言のおかげかもしれない。

 

 

橙子は悪人面が良く似合って、最高にクールな女性で、含蓄ある言葉を数々残して、もうとにかく大好きである。

f:id:wareomouyueniwareari:20160320225834j:plain

 

 

ちなみに、私の「これがきっと俺の天職だ!」と思っていて応募し、面接待ちの職業はとあるアニメショップの倉庫スタッフである。

 

 

なんだかんだで、5年間もの間、飲食店でせっせと飯を作ったり、食器を洗ったり動き回っていた私には肉体労働はお似合いであると自認している。

 

 

 

また、「空の境界」も「SHIROBAKO」も種類は全然違うが、どちらも強いメッセージ性のある素晴らしい作品なので、見ていない人は是非視聴をおすすめしておく。

 

 

 

SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]

SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]

 

 

 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

・「やりたい事」だけが必ずしも空っぽな自分を埋めるとは限らないという事だ。

 

 

私は倉庫で業界の方々の知恵と努力の結晶である素晴らしい商品を、私と同じく、無い金を捻り出して業界を買い支える同志であるユーザーに届けるという大任の一端を担う仕事に喜んで従事したい。