読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

グリザイアの迷宮(たぶん)の名言 苦手はあっても不可能はない

スポンサーリンク

私は先日、自分の苦手なものと向き合い、それから逃げずに立ち向かい、見事乗り越えたという貴重な体験を積んだ。

 

 

それの根幹にあったのはグリザイアシリーズの男前過ぎる師匠、日下部麻子さんのこの名言によるものだろう。

 

人間なんてのは結局、物の考え方次第でどうとでも変わる。いいか?今後はこう考えろ『苦手はあっても不可能はない』わかったか? 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160314234634j:plain

 

 

まずは、私の苦手なもの、つまり今回の敵は何かという話だが、これである↓

 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160314234141j:plain

D.C.P.C. ~ダ・カーポ プラスコミュニケーション~というビジュアルノベルの彩珠ななこというキャラである↑

 

 

私はシナリオ重視のエロゲーマーであるから、もちろんシナリオを何よりも重要視しているつもりである。

 

 

 

しかし、この髪型、緑髪の色、デカ眼鏡、これがもうほんとに苦手なのである。キャラデザをした方には大変申し訳ないと思うのだが、1ミリも可愛いと思えないのである。

 

 

これはこのキャラだからそうという話ではない。

 

「デカ眼鏡」

 

これがもう私的に完全にアウトなのだ。私にとってはデカ眼鏡なんてのには萌え要素なんて欠片もなく、特大のガッカリ要素しかない。

 

 

お気に入りのキャラがデカ眼鏡をかけ始めたりなんかしたら「ざけんなっ!」と声を荒立ててしまう程である。

 

 

私は基本的に、二次元美少女の眼鏡着用については反対の人間であるが、眼鏡の種類やそのキャラによっては可もなく不可もなくという感じである。

 

 

 

しかし、先に画像に挙げたキャラのように「眼鏡」という要素にさらにいくつかの条件が組み合わされると、ほんとに苦手だ。

 

 

その要素は先のキャラがまさに体現しているが、眼鏡が無駄にデカいという点、そして、そんな感じの髪型(髪型の名前が思いつかない。)、しかも色が緑という点。

 

 

この上、さらにドジで天然だったりしたらもう悪い意味で堪らない。

 

 

エロゲーマーを数年やっているなら分かると思うのだが、エロゲというものには、全ヒロインを攻略しなければ解放されないルートというものが度々あるのだ。TRUEENDを見る為には欠かせない事がある。

 

 

 

だから、エロゲーマーは時として、ビジュアル的に全く可愛いと思えないヒロインも攻略しなければならないのである。

 

 

 

「趣味の時間になんで攻略したくもないヒロインを攻略しなければならないんだ?」

 

 

と考え始めたらどんどんやる気が失せてしまうが、私的には、もう自分の事を「プロのエロゲーマー」と思い込み、仕事と同じようにこなしてしまうのもありだと思う。

 

 

仕事であるなら、それが必要である限り、基本的に何でもこなすのが当たり前のはずである。

 

 

そして、「自分には苦手はあっても不可能はない」と思い込み、それを乗り越えた暁には「達成感」というご褒美が待っている。

 

 

私は今回この思考でこのヒロインを攻略してみたが、「あー、やっと終わったよ。」っていうやれやれ感よりも、「おし!終わったぁ!」という感じの達成感を得る事が出来、通常のヒロインを攻略した時とは全然違うが、とりあえず終わった時の自分の気持ち的には非常に良い方に持っていく事に成功した。

 

 

 

麻子さんも言っているが、やはり考え方次第でどうてでも変わるというのは真理だろう。私は今後、全然可愛くないヒロインが目の前に現れ、その攻略を必要に迫られたとしても、難なくそれを乗り越えて達成感を獲得する事が出来るだろう。

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

・必要だけれどやる気が出ない時は、それに対する考え方を改めてみるという方法が非常に有効であるという事だ。

 

 

無理な事は無理だが、大抵の事ならこの考え方でなんとかなるような気はする。