読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

fate/staynight 遠坂凜の名言 図星を突かれるとキレてしまう

fate ハゲ
スポンサーリンク

今日ついさっき、私の元に変な業者っぽい所から一通のメールが届いた。私はそのメールを開けていない。

 

 

にも関わらず、そのメールは私を瞬間的にイラッとさせ、「うっせバカっ!」と思わず声を出させた。

 

 

そのメールのタイトルはこうだった。

 

 

「髪の毛で悩んでませんか??」

 

 

このタイトル自体、特別向うに悪意があったとは思わない。(ただ、?がなぜか無意味に二つある事はなんか知らんがイラッとくるが)

 

 

 

私が何故、思わず声を荒げてしまう程にイラッと来てしまったのか?

 

 

それは、「髪の毛で悩んでませんか??」という質問に対する私の答えがどうしようもなくYESだからなのだろう。

 

 

 

私は今日、このメールが来るまでは、その件についてはある程度克服したつもりでいた。何せ、もう始まったのは1年も前の話だ。

 

 

「うん、ハゲだけど。それがなに?」くらいの気持ちになれていたつもりだったのだ。

 

 

だが、どうやら違ったようである。こうもストレートに髪の毛の話題をぶつけられると理性ではどうしようもない位にイラッときてしまった。

 

 

 

スキンヘッドにする事で悩みの多くは吹っ飛んだのは事実だと思う。しかし、20代前半で、「自分はハゲである。」という事実を正面から受け止め、「それがどうした?」と悟りを開けるような境地に達するのは少々難しいのかもしれない。

 

 

 

たかがメールの一文だけでもここまでイラつくし、親に「〇〇は髪の毛にいいみたいだよ。」とか言われても「え?何それ俺の髪の毛の事に対して言ってんの?それ一杯食って髪の毛増やせばいいじゃん。って?」と言う感じで何でも自分の髪の毛についてネガティブというか、卑屈に受け取ってしまうのである。

 

 

 

 

人間ってのは、本当のこを言われると怒ると思うのよ。 

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160308211937j:plain

 

 

 

今日取り上げる、fate/staynightの遠坂凜の名言であり、今回の事から改めて身をもって実感した事実がこれである。

 

 

 

私たちが生きている現実は実に世知辛いし、見たくも聞きたくもない事実がいくらでもある。

 

 

現実、事実をしっかり見据えて受け止める事はもちろん非常に大切だが、出来ればずっと目を逸らしていたい事実だってあるし、誰かに迷惑をかけないなら目を逸らしていたって構わないはずである。

 

 

 

私がいつになったら、「自分はハゲである」という事実をしっかり受け止め、「それがどうした。」と悟りを開けるようになれるかは分からない。

 

 

だが、とりあえず数年、いや数十年はこの事実からは目を逸らしたいのである。私の前で髪の毛だのハゲだのという話題は止めて欲しいのである。

 

 

 

「髪の毛」「ハゲ」これらのワードが私にとっての地雷なら、人それぞれで様々な地雷を持っているだろう。1回くらいなら地雷を踏んでしまうのも仕方ないかもしれないが、身体的特徴などその人にとって、自力でどうしようもないような事は軽々と口にすべきではないだろう。

 

 

そう考えると、小学生の時の周りに流されて何も考えずにそのような事を軽々と口にしていて自分が愚かしくて恥ずかしい。

 

 

 

引用したfate/staynightだが、このタイトルとか、どんな作品だとかは知ってる人もおおいだろうから省くが、ビジュアルノベル、アニメともに実際かなり面白いし、なんといっても奈須きのこさんの病み付きになってしまう世界観が堪らない。

 

 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

・他人の身体的特徴については思っていたとしても、本人の前では絶対にタブーという事だ。

 

 

一度でもそれをやってしまえば、その痛みが自分にそのまま帰ってくる気がしてならない。