読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

偽物語 阿良々木火憐の名言 「金は全てじゃない、ほとんどだ!」ほとんどではない部分を見失わないための理性

スポンサーリンク

私はこれまで宝くじというものに全く無関心であったが、つい最近の話で親から聞いたことだが、年末ジャンボ宝くじというやつの一等を当てた人が市内で出たという話を聞いた。

 

 

 

その一等はなんと7億円という事だ。そして、その家庭の子どもが「家の親宝くじで7億当てた!」と言ってしまったらしい。(おそらく学生だろう)

 

 

その後、その家族はすぐさまやっていた仕事を辞め、どこかに行ってしまったらしい。「そんなもん当たるやついんのか?」と半信半疑だった私だが、近くで実際にそういう話を聞くと「ほんとに当たってる人もいるんだ。」という事がなんというか実感を以って分かった気分である。

 

 

 

実際、7億円も当たってしまえば、バカみたいな使い方をしなければ、その後、働く必要なんてないだろう。

 

 

 

好きな事を仕事にしてるような人でもない限り、その後、一生遊んで暮らせる金を手に入れたら仕事なんてすぐに辞めてしまうのも納得である。

 

 

200円とか300円とかで買ったくじがいきなり7億円に変わったなんていったら、その瞬間、その人にとって見える世界は変わるのだろう。

 

 

 

これはきっと今の社会に生きている人間なら誰でもそうだろう。しかし、「ひょっとしたら当たるかもしれない。当たったらどういう風に使おうか。」くらいには頭の片隅で考えておくべきだと私は思う。

 

 

逆に「どうせ当たんねーけどな。」としか思っていないと、危険であるし、また損でもあると思う。

 

 

まず、なぜ危険なのか。それは、「恐らく我々人間は急激な環境の変化に弱い。」と思うからだ。急激な環境の変化があれば、誰しもまずは多かれ少なかれ戸惑う事は確かだろう。

 

 

 

その後、自力で冷静さを取り戻せる人ならいいかもしれないが、それにしても、頭の中、や「気持ち的に準備しているかどうか」ではやはり大きく変わると思う。

 

 

 

気持ち的になんの準備もしていない状態で、いきなり7億円とかポンと渡されたら、かなりの高確率で理性をほとんど失い、ひたすら衝動とか欲望に身を任せていく事になると私は思う。

 

 

 

誰でもそうだろうが、人間は冷静な時ももちろんあるが、半分以上は衝動的、感情的に動いているようなものであると私は思う。

 

 

そして、金は我々を大いに満たしてくれるものである事は間違いない。美味い物も食えるし、金で釣れば女も抱ける、遊園地行けるしゲームも買える。

 

 

大金を得れば、労働などせずに、ひたすらそれらだけを耽るという選択肢が出てくる。事前に気持ち的な準備をしていない人の多くはきっと悩む事なくその選択肢を選ぶのではなかろうか。

 

 

そして、「今、腹が減った。」「今、ムラムラしてきた。」「今、ゲームがしたい。」「今、旅行したい。」そんな風にそれらの価格など何も気にせず、それぞれの欲を最高級の形で満たしていくのだろう。

 

 

 

その時、その時の気持ちとか衝動とかに身を任せる事自体は悪い事ではなく、むしろとても人間的で素晴らしい行動でもあると思うのだが、それだけではやはり危険だ。

 

 

 

いくら大金を手に入れたといっても、それは無限ではない。その額を全部使えば当然無くなるものだ。ただ上限が高いだけである。

 

 

当たり前の話だが、金持ちの持ってる100円と貧乏が持ってる100円は同じ100円であり、そこに差は全くない。

 

 

 

ただ、金持ちの場合は、「100円くらい~」という感覚で、貧乏は「100円も~」といった感じでその感覚的には大きく違ってくる事は多いはずだ。しかし、同じ100円である。

 

 

 

理性を失い、衝動と欲望だけで金を使う人間はきっと、「今、いくらの使ったのか。」「残りはどれだけあるのか。」なんて気にせず、「とりあえず、まだまだいっぱいある。」みたいな曖昧な認識しかしなくなるのではないかと思う。

 

 

 

そんな風に、破滅するまで衝動や欲望の権化となるのを避けるには理性が不可欠であり、それを保つためには、あらかじめ「その後に気持ち的に準備している事が最重要だと私は思う。

 

 

 

例えば、部活とか仕事を辞める時なんかもそうだ。

 

「キツイから辞める」「嫌になったから辞める」

 

これ自体は構わない。その理由自体が悪いとは私は思わない。しかし、仕事とか部活を辞めるという事は環境を大きく変えるという事でもある。

 

 

「辞めた後はどうするのか、空いた時間をどのように使うのか」

 

 

これを考えずに、ただただ「辞めたい」「嫌だ」という衝動に任せて辞めたら、きっとその人は最初こそ解放感を得られるかもしれないが、その後困ると思う。

 

 

まあ、そこで存分に困るのもそれはそれでいい事なのかもしれないが。人間は環境の変化に弱い事は確かだと思うが、物理的にも気持ち的にも準備しておく事で環境の変化にうまく対応することが出来ると私は思う。

 

 

部活とか仕事とかの話なら、まあこれが出来ていなくても、自分が悩んで困るだけで済むかもしれないが、宝くじで何億当たったとかそれほどの大きすぎる環境の変化の際に

、これが出来ていないと、人生とか命とかに関わる事になるだろう。

 

 

実際、宝くじで当たって不幸になったり亡くなったりする人もいるようだ↓

matome.naver.jp

 

 

 

物語シリーズのアニメで

 

金は、全てじゃない・・・ほとんどだっ!

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160307095709j:plain

 

という阿良々木火憐ちゃんの台詞があるが、金を手に入れて、この世のほとんどを手にしたとしても、それは「全て」ではなく「ほとんど」である事。「ほとんどではない部分」を見失ってはならない。

 

そしてその「ほとんどではない部分」を見失わないために「理性」が必要不可欠なのだ。

 

 

 

まあ、こんな記事を書いたのは、私が「ちょっと宝くじやってみようなかな。」

と思っていて、その際に心がけるべき事で、なによりも自分自身に向けて行っているのかもしれない。

 

 

 

ちなみに 化物語を始めとする大人気の物語シリーズだが、私はアニメしか見ていないが、簡単に言うと「変なアニメ」である。

 

 

だが、これは敢えて断言するが、「数あるアニメの中でも唯一無二の面白さがある」のは間違いない。そして、私自身その唯一無二の面白さに魅せられた一人だ。どんな面白さがあるのか、気になった人は視聴を超おすすめする。

 

化物語 Blu-ray Disc Box

化物語 Blu-ray Disc Box

 

 

 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

・金がほとんであるこの世の中で、ほとんどでない部分を見失ってはならないという事だ。

 

 

これを私は肝に銘じよう。