読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの名言から学ぶ!

アニメやエロゲの名言とかから何かを学びつつ、それに関する自分の考えとか体験談を書く。また、物語シリーズで私のお気に入りキャラである貝木泥舟さんっぽく最後にその日の記事から得るべき教訓を書こうと思う。基本的に記事一つに名言を一つ(たまに二つとか)を引用するが、そうでないときもある。

SHIROBAKO 高梨太郎の名言 虚淵玄さんの新作がまさかの人形劇で私的には・・・だがやりたいことをやるという姿勢はすごい

スポンサーリンク

昔はエロゲのシナリオを書いていて、アニメではまどマギFATE/ZEROサイコパスなど大ヒット作を生み出し、その容赦の無い展開かつとてもクオリティのシナリオから、業界ではライター、脚本家としては相当名前も知れ渡っていると思われる虚淵玄さん。

 

 

そんな彼の新作がつい先日、発表された。それがなんと、

 

 

武侠ファンタジー人形劇」

 

 

「人形劇」というのを目にした時、「え?まじですか?」とかなり意表を突かれた。

 

 

そんでPVもありましたので、見てみたが、なんかもう和風な感じの人形だ。エロゲライターとしても、アニメの脚本家としても、虚淵玄さんの作品はかなり好きで、安心してライター買い出来る程にはファンだと思う。

 

 

しかし、アニメやビジュアルノベルという媒体に惹かれ過ぎているというか、飼い慣らされている私としては、このニュースを見た時、

 

 

「この企画誰得だよ?」

 

 

と思ってしまったのは事実だ。

 

 

まあ、虚淵玄さんの所属するニトロ+と言えば、一応元はエロゲブランドだったはずだが、現在はアニメやらソシャゲ虚淵玄さんは仮面ライダーの脚本もしたとかで、何をしてくるのか予想不可能な変化球を投げてくるのが当たり前みたいな所なので、今回もおかしくないと言えばそうなのかもしれない。

 

 

 

しかし、まあ無いとは思っていたがビジュアルノベルに帰ってくるかもという淡い期待はともかく、アニメでも無いというのは、やはり驚きを隠せないと共に、正直残念であはある。

 

 

 

 

「人形劇がもともと好きだ。」という人を除いて、媒体を越えて氏の作品にこれまでずっと触れてきた、または触れてみたいという程のファンでないとこの企画にはついていけないのではないだろうか?

 

 

今回の企画は「自分はどれだけ虚淵玄というライターが好きなのか。を試されているといっても過言ではないだろう。

 

 

しかも、アニメ、ラノベ、漫画、ビジュアルノベル(いわゆるエロゲやギャルゲ)など俗に言う二次元・オタク文化の代表的な媒体とは似つかないような「人形劇」というのだから尚更だ。

 

 

 

今までに慣れ親しんだ媒体から離れてまでついていくほどなのか、それほどでもないのか。今回の企画を聞いて

 

「見てみたい。」

「とりあえず別にいいかな。」

 

どう思うかでそれが分かるだろう。私自身、気持ち的には後者の方である。氏の書く物語にはおおいに興味があるが、高3の時から小説やドラマなどからアニメ、ビジュアルノベルに移行してから6年もの間未だにこれらの媒体の魅せられ続けている私にはどうしてもそこから離れるのは抵抗があるのだ。

 

 

 

しかし、それはそれとして、媒体として絶大な固定客がいて、さらに虚淵さん程名前が売れている人の新作アニメともなればそれだけめちゃめちゃ話題になり、その時点で既に膨大な視聴者を獲得出来るだろうに、誰でもわかりそうな程に目に見えて成功しそうな道ではなく、「人形劇」という未知で(恐らく多くの人にとっては)、氏のネームバリューをの持ってしても成功するかどうか分からないような企画を発表した事は相当凄いことな気がしてならない。

 

 

 

関係者の中には「え、人形劇?うっそマジですか?」って思った人もいっぱいいそうな気はする。

 

 

 

成功や失敗、というか儲ける事を第一とするとしたら、今回の企画は既に失敗しているようにさえ見える。

 

 

しかし、氏が「自分のやりたいことをやる。」というのがこの企画なのだろう。

 

 

 

むろん、氏程のネームバリューがあるからこそ実現出来た企画であるのは確かだと思うが、このクリエイターの方々が

 

「絶対話題になるし、売れるだろうけど、そんなにやりたくない事をする。」

 

のではなく、

 

「成功するかどうか分からないけど、自分のやりたい事をする」

 

をしているという事は本当に凄い事だし、素晴らしい事だと思う。

 

 

 

娯楽とはいえ、商売である以上、客の期待に全く応えない訳にはいかないが、それだけになってしまえば、客から見る分には嬉しく見えるかもしれないが、

 

「クリエイターが自分たちの作りたいものを作っていない。」

 

という現実が続けば、クリエイターのモチベーションに関わり、作品のクオリティが下がるなど、どこかで歪みが出るのは避けられない気がする。そのあたりにおいてはアニメ業界を描いたアニメ「SHIROBAKO」で、ダメキャラである高梨太郎が言った、

 

売り上げなんて気にしてやりたい事がブレたら、良い物作れませんよ?

 

f:id:wareomouyueniwareari:20160307101112j:plain

 

という言葉の通りではないのかと思う。

 

 

結局は、ファンサービスと自分たちのやりたいこととをいい感じにバランスよくやるしかないと思うのだが、その点、やはり今回の企画は凄い。

 

 

 

 

氏ほどのネームバリューがある人からこんなに成功するかどうかが未知数な企画が出てくるとは思いもしなかった。

 

 

これほどに挑戦的な企画は少なくとも私の記憶では今までに見た事がない。

 

 

 

そんなわけで、アニメやビジュアルノベルでなかった企画自体には正直がっかりしたのも事実だが、同時に、この企画からは、氏の失敗を恐れずに「自分のやりたいことをやるんだ。」という気迫が感じられた。

 

 

そのクリエイター精神には素直に敬意の念を抱かずにはいられない。今の所、見る予定はないが、「そこまで氏がやりたかった企画。」というのはやはり気になるのも本当の所だ。

 

 

さて、この企画は一体どう転がるかというのは注目せざるを得ない所だ。

 

 

 

 

ちなみに途中で引用した「SHIROBAKO」だが、「実にいいアニメ」である。なんというか、見終わった後に、自然と前を向きたくなれる、そんな「いいアニメ」なのだ。アニメ業界に興味が無いとしても問題なく楽しめるだろう。かなりおすすめのアニメである。

 

 

【Amazon.co.jp限定】SHIROBAKO第1巻~第4巻セットBlu-ray(オリジナル描き下ろし収納BOX付)

【Amazon.co.jp限定】SHIROBAKO第1巻~第4巻セットBlu-ray(オリジナル描き下ろし収納BOX付)

 

 

 

 

 

今日の記事から私が得るべき教訓は、

 

・他人からの期待とか経済的な成功とかよりも、たまには「自分のやりたい事」を。理屈抜きで思いきってやってみるのもいいだろう、という事だ。

 

 

これを私は肝に銘じよう。